ギター製作#1

中川さんの工房へ。
製作を依頼しているギターが、
いよいよかたちになり始めた。

音楽やギターのことはもちろん、
友達としてもたくさんの話をしてきたことが、
具体的な形のあちこちに見て取れるのがとても嬉しい。

デザインのためのデザインであってはいけない、とは柳宗理の言葉。

形にならなかったものも、無駄なものではない。
作品には時間をかけることでしか生まれない、
ほのかな気配のようなものがあると思う。

もしかすると人にはわからないものかもしれないけれど、
自分にわかるかどうかが肝心なことだ。

模型に触れているうちに、
自分がこれまで芸術に触れて感じてきた感情が、
なつかしく思い出された。
































































0 件のコメント:

コメントを投稿